アンチエイジング

心理的アプローチ ― 偏頭痛(片頭痛)の原因と対処法 ―

「偏頭痛」は「片頭痛」といい、多くは、肩こりなどからくる血管性の慢性頭痛である場合が多いと言われます。血縁者にこのような症状がある人がいる場合、先天性(遺伝性)が考えられる場合もあるようです。具体的な治療としては、回数が多い場合、出にくくする予防治療もあります。

※薬には治療薬と予防薬の二通りがあり、適時、医師と相談した上での服用をお勧めします。

1. 偏頭痛(片頭痛) ― 特 徴 ―

偏頭痛の特徴

両側や後頭部の場合もありますが、一般的には頭の片側やこめかみ付近にかけ、鈍く「脈打つ」ような痛みが特徴です。

予感のような前触れ、生活習慣上の「こんなこと」などで「有るもの」や、突然痛みだす「無いもの」に分かれます。

前ぶれのある片頭痛の場合、視覚障害や身のしびれがあったりします。

この場合は医師へのご相談をお勧めします。

2. 偏頭痛(片頭痛) ― 原 因 ―

術後のシミ

痛みの原因については諸説あり、一般的に信じられているのは「頭部血管がひろがり炎症を起こすため」と言われています。

片頭痛は検査ではわかりづらく、問診や医師の医学知識を照合し総合的に正確な診断をすることになります。

脳検査と端的に行ってもCTやMRIのような脳組織が破壊される病気については写しだすことができますが、片頭痛は脳組織に異常を起こさないためこれらの検査では診断できない可能性のほうが高いのです。

片頭痛は脳ではなく血管が拡張することで痛みが起こると考えられています。

3. 偏頭痛(片頭痛) ― 治 療 ―

偏頭痛の特徴

「発作中の治療」と、「予防治療」の大きく2つにわけられ、薬物療法が中心です。

注意しなければならないのは、風邪薬を服用される方がみられますが、これは避けた方がいいでしょう。

たしかに頭痛にとてもよく効くそうですが、内容的にみると、頭痛のための成分だけではありません。妊娠中(後期など)ホルモンが安定することから片頭痛が一時的に収まる場合があります。

もし妊娠中に片頭痛がおこった場合は、服薬はお勧めできません。患部などを冷やすしたり別の対策をとります。それでも辛い場合は、医師へのご相談を必ず行ってください。

4. 偏頭痛(片頭痛) ― 自分でできる対策 ―

※動くと悪くなるケースの頭痛の為、自己判断で、運動・体操・ストレッチはしない事。