アンチエイジング

髪の毛を染めるとはげる? ― 白髪染めヘアカラー ―

髪を染めたり脱色したりしすぎると、傷めたり薄毛の原因になると言われてきました。今では頭皮の健康を損ない薄毛になると言うのは、ある意味風評かも知れません。
しかし頭皮や毛髪にストレスをかける事は間違いがありません。

■おしゃれするのは頭皮や毛髪に悪影響?

特に女性の場合、髪のおしゃれにはこだわってしまいがちです。
パーマや脱色、ブリーチなどしても数ヶ月もすれば以前と変わらない感覚で正常な頭皮や毛髪に戻ったと思え、心配することなどなかったと思います。年齢を経るにつれ、回復力が衰え同じ事をするのであれば、必要なケアを心がけましょう。

★毛髪を傷めない染め方は?

元々、髪の毛を染める(体毛)ことは健康上よくなく、専門家から言わせると、ドラッグストアやコンビニで手軽に手に入るブリーチで脱色、染めたりすることは論外だと言われてきました。

ハイブリーチを使い短期間で二回連続で脱色し(月2回など)髪の毛は途中から枝毛になり、切れてしまう経験をされた方もいらっしゃるようです。化学物質の溶剤でキツイ臭いがする液体が身体にいいはずはありません。

髪のおしゃれを楽しみたいのならば、一般的には美容院などの専門的な所へ行くのがいいと思いますが、ここで使われているものもさほど変わらないという事を自覚して行わなければなりません。髪の毛は紫外線を長時間浴びるだけで相当のダメージを受けるほど繊細なのです。

そう、お肌と一緒なのです。

★頭皮・毛髪を傷めてまでおしゃれしますか?

春になると話題になる「黄砂」や通年の「酸性雨」。厳密(パーマ液や脱色ほどではない)に言えば毛髪にダメージを与えるのです。

特に女性は見た目を気にする事は当然のことですが、それ自体がなくなってしまってはおしゃれも何も言ってられません。生活習慣や遺伝の要素など個人差はもありますが、毛髪や頭皮にストレスを与えることは20代後半から一気に薄毛になる事もあるのです。

白髪染めや脱色を否定的な文面で書いてきたように見られる方もいらっしゃると思いますが、今は選ぶ事が出来るのです。もちろん、どんなものでいくら髪を染めても脱色してもパーマをあててもなんともない人もいます。もし、あなたが少しでも不安に感じる部分があるのならば、なるべく早めの対処方法や商品選びをおすすめします。

1. 女性には変わってきたストレス社会とホルモンバランス

これまでも男・女ホルモンの他に色々な健康を司るホルモンや分泌物が研究結果知られてきましたが、どのホルモン(生成分泌物)も、バランスが崩れると身体の色々なところに弊害が現れます。

ストレス社会と呼ばれる現在では男性、女性に関わらず周りはストレスだらけです。毛髪で言えば、そのひとつが男性ホルモンの過剰分泌による抜け毛。本来は、生まれつきの個体差から量に差がありますので遺伝的と言えますが、強いストレスは分泌量が少ない人でもホルモンのバランスが崩れ、抜け毛の要因になることもあるのです。

先程も書きましたが、若い間はさほど気にはなりませんが、加齢に伴い薄毛の症状が一気に進行します。

それは女性でも例外ではありません。

一般的に、男性ホルモンの過剰分泌で起こる弊害では以下のようなものがあります。

★男性ホルモンの過剰分泌で起こる弊害

1. 皮脂の過剰な分泌によるニキビ・吹き出物の発生

2. 前立腺の疾患

3. 首から上の毛の発育に異常が発生

4. 月経異常や生理不順、閉経に伴う異常など

5. 4.に伴う肝斑、シミなどの原因

2. 無理なダイエットの弊害

白髪染め

抜け毛を増やす原因は、子育て家事、仕事などのストレスが圧倒的に多いとされてきましたが、今では無理なダイエットが原因の事例も増えています。女性ですので、男性ホルモンのバランスで男性のようにはげることは今までほとんどありませんでした。

しかし今では、仕事で身体を動かす業種に就いている女性も少なくないと思いまが、ほとんどの場合、電話処理や、経理処理、営業事務などの非肉体労働のストレスが原因に多いように思われてきました。

女性の社会進出も幅が広くなり、簡単なパートといっても今までは男性の聖域のように言われてきたところまで裾野が広がしました。

話を戻しますが、髪の毛を染めることが直接的な薄毛の原因ではなく、ストレスや過食、拒食などのダイエットがらみの原因と複雑にからんで薄毛になる場合が多いといわれています。

3. 女性が髪を染めるタイミング

産婦人科でも注意事項として話があるとは思いますが、妊婦の方です。

妊娠中に色が落ちたり、伸びたりしてカットや染め直したと思うかもしれません。ですが、妊娠中の方はできるだけ髪を染めるのはまった方がよいそうです。

医学的に妊娠中に髪を染めることで胎児に悪影響を及ぼすといった科学的・医学的データは立証されておりませんし、根拠はないようですが美容院によっては妊婦の型のカラーリングなどはお断りしている場合があるようで、体に悪いことはしない方が良いという事でしょう。

やはり溶剤を使用しての髪染めは良くないと考えられているよう、溶剤の独特な臭気で気分が悪くなる人、妊娠中の体というのは簡単にホルモンのバランスなどが乱れ、容態の急変や違和感を感じたり、炎症などがあるそうです。

そういったちょっとでも危険性のある髪染めなどは、できる限りさけたいのが人間の心理なのでしょう。りスクヘッジして出産をむかえることが大事だとの先人の教えだと思います。

そして、もう1点女性の方が注意したいのが、生理中です。

市販の商品には注意書にも記してあるのですが、生理中は肌が敏感になっているものです。そのため普段は大丈夫なのに、生理中だと皮膚がヒリヒリしたりといったトラブルが発生したりすることがあります。

また生理中はホルモンバランスや不安定な精神状況で同じく髪質が不安定になりやすいく、カラーがうまく染まらないこともあります。 きれいに髪を染める場合は生理中は避けた方がいいかもしれません。

■今おススメしている製品です⇒キレイに染まる新タイプ白髪染め

4. 頭皮をいたわる

白髪染め(永久染毛剤)の使い方を誤ると、髪と頭皮にダメージを与えてしまうこともあります。次のようなことに気を付けましょう。(白髪染めの液が頭皮に残っていると、トラブルの原因になることも。プロの手で頭皮ケアしてもらいましょう)

★説明書をよく読む

当たり前のことですが、使用方法、量、放置時間など説明書に記されたとおりに行い、地肌(生え際付近)に色が付き落ちないなどのことも、自分で白髪染めを行う際には注意しましょう。また、なるべく使用頻度は、月に1回以下、もしくは2ヵ月以上あけることを書いてある製品をよく目にします。

★染めた後の洗髪と頭皮ケア

白髪染めは、なるべく頭皮につけないようにしたいものです。説明書通り使用方法後、再度シャンプーを使ってもう1度よく洗います。この際、髪だけでなく、頭皮や毛穴に白髪染めの液ができるだけ残らないよう、頭皮をマッサージするように洗ってください。後は必要に応じ、リンスやコンディショナー、トリートメントで髪をいたわってください。

★プロに任せて白髪を染る

前述した内容に不安がおありの方は、費用はかかりますが自分での白髪染めは、プロにまかせるのもよいでしょう。染毛剤が頭皮や髪の生え際の皮膚などに余分に付いたり、染めムラになったりすることがあります。

★頭皮をいたわる白髪染め

白髪染めには、大きく分けて3種類があります。

これまで書いた“永久染毛剤”の他に、半永久染毛剤(ヘアマニキュア、カラーリンス等)、一時染毛剤(スプレー、スティックタイプなどの部分白髪隠し)があります。その時のご自分に合った、頭皮にやさしい白髪染めを選択するのが大切です。

その他にも最近では、オーガニックの製品で、今までの製品とは異なる使用方法や、トリートメント作用も期待できる商品もございますので、選択肢の幅が広がっています。

染毛剤の種類とメカニズム ― おしゃれでヘアカラー ―

イメージで言えば、半永久染毛剤は色素の一部が髪内部に侵入して染めるもので、一時染毛剤は、髪の表面に着色剤を付着させて髪に色をつけるものです。いずれも、すぐに色が落ち、枕や帽子などに色が付くのがデメリットですが、頭皮には届かずほとんど影響がありません。

白髪染め

【ヘアカラー】永久染毛剤

ヘアカラーとは、永久染毛剤といい髪の毛の色素を一度脱色させ、染料を髪の内部にできるだけ浸透させる方法です。

このヘアカラーの髪染め方法は、ある程度髪の内部まで浸透させるので長持ちします。脱色させてから髪染めするので、長期間綺麗な仕上がりになるでしょう。

【ヘアマニュキュア】半永久染毛剤

ヘアカラーとは違い髪の色をを脱色せずに髪染めする方法です。

髪の表面に髪染めの染色を塗るという方法です。表面に髪染めを塗っているだけなので、シャンプーなどでだんだんだ色が落ちていってしまいます。その点で半永久染毛剤と呼ばれます。

髪への負担が少なくダメージヘアが気になる方には、お薦めな方法と言えるでしょう。ただヘアマニュキュアでの髪染め後は、髪の色が変わってくるので注意が必要かもしれません。

【一時染め】一時染毛剤

ヘアスプレーなどで一時的に髪を黒や茶色などの色に変える方法です。今は色々な製品が出ていますが、昔の物は髪染め効果はありません。

話題の美髪エッセンスをお得なキャンペーンで!

髪で悩む女性

髪で悩む女性を唸らせたアムラエッセンスの圧倒的人気の秘密・・・

白髪を染めるシャンプー「螺髪EX」

毎日のシャンプーだけで白髪を染める「螺髪EX」。天然植物成分ヘナ・ヘマテインで染めるため髪に安心です。